住宅購入でマンションか一戸建てを決めなくてはいけない

住宅購入を考える時には家の種類を考えるということも大切になります。家の種類と言うと、新築戸建てや中古戸建て、新築マンションや中古マンション、注文建築などがあるでしょうか。

とにかく家の種類によって価格が違いますし、住んでみての満足度も違ってきます。購入をせずにずっと賃貸マンションやアパートに住むという選択肢も考えられます。

購入するお金が工面できるのならばトータルで考えて購入を目指したほうがいいでしょう。ここでは家の種類を決める際のポイントについて紹介していきます。

住宅購入は新築か中古かということで決める

何にしても新築にするか中古にするかというのは大事なテーマになってきます。一般的にはできることであれば中古よりも新築のほうがいいという風に思っている人が多いです。それに、中古に比べて新築の方が高いですし、建築技術が年々上がっていますので今の建物のほうが長持ちしやすいです。

戸建て住宅の場合、新築であれば相場が安くなった現在の値付けが行われていますし、土地についても安くなってきていますので、長期的に見てみると新築のほうがお得に購入できると言う側面があります。中古の場合は相場自体が高かった頃を目安としているために多少割高感があります。

マンションの場合、新築のものであれば最新設備を入れたりするなど付加価値を入れて販売をしていたりしますの、そういうものに惹かれるのであれば新築のほうがいいです。最新設備にこだわらないという人の場合は供給量が多くなっている分だけ割安感がある中古のものを検討するのもいいでしょう。

注文建築で検討する住宅購入ポイント

注文建築というのは建物のプランを決めてその工事をハウスメーカーなどに注文して建築してもらうことを言います。そこでポイントとしては良い土地を見つけられるかどうかということと、信頼できるようなハウスメーカーが探せるかということにあります。自分で探せないのならば不動産業者に仲介してもらうことも可能です。

自分がどういう家に住みたいのかを検討する

住宅購入を決める時に自分たち家族がどういう家に住みたいのかということについてじっくりと話し合いをすることをお勧めします。家の種類によって価格は異なりますし、どういうことができるのかも異なってきますので、じっくりと検討をしてみて下さい。